国内外の経済指標ニュースサイト

FOMC、10-12月期GDPに注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
imasia_5104905_M

 今週は米国でさまざまな経済指標が発表されるが、最も注目されるのは2015年最初の連邦公開市場委員会(FOMC)だ。

 連邦準備制度理事会(FRB)は27日・28日にFOMCを開催し、米東部時間28日午後2時(日本時間29日午前4時)に政策判断を発表する。

 エコノミストは総じて、この会合で金融政策が変わることはないと予想している。ただ、FOMC声明で「かなりの期間」とかFRBは「我慢できる」との文言が変わるかどうかが注目されるだろう。

http://jp.wsj.com/articles/SB12476612882981423405204580420680235684388
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版より抜粋

関連記事